水を取る

Last update:2014/9/29

運動の時の水分補給

運動はしているだろうか?

運動の種類にもよるが、運動をしはじめると、まず体が温かくなり、もう少し
続けると、じわっと汗がでてくる。それだけ体がエネルギーを使っていると
いうことだ。

エネルギーを使うということは、体内では沢山の水分が色々な所で使われ
ているという事になる。

例えば、体温を下げるための汗にする為に血液中から水分を取っていくし、
体の細胞が活発に動けるように水分が使われるなどなど。通常以上に体内
では水分が使われているということになるので、運動をする場合には水分
補給がとても重要になる。

運動時の水分補給のタイミング

運動を始める前=はじめる30分前ぐらいから直前

運動中=運動時間によるが、15分〜30分間隔

運動中の水分補給がなぜ必要なのかというと、運動中に失われる水分の
量を補給しないと、かえって運動能力を低下させたり、汗が多く出てしまっ
たりすると脱水症状になりかねないからだ。

マラソン選手は必ず走りながら水分を補給している。それは、補給をしない
と身体能力が下がってしまうということもあるが、いろいろな危険度が増し
てしまうからだ。それだけ運動するためには水分が必要なのだ。

補給する水分は、好みになるがミネラルウォーターであれば

軽い運動=軟水・硬水どちらでも

激しい運動=硬水・超硬水などに糖分と塩分などを加える

などするのも良い方法。

汗をたくさんをかいてしまった場合には、ミネラルも排出されてしまうの
で、その時には、硬水のミネラルウォーターなど(体調によって)を取る
ほうが良い。

汗を沢山かきたいという場合もあるかと思うが、汗を沢山かくと、水分だ
けではなくミネラルも一緒に排出される上、血液中の水分を取られてしまう。
血液濃度が濃くなってしまうので、より水分補給が必要となる。

また、エネルギー補給、水分補給もできる、スポーツドリンクなどもすば
やく体に取り入れることができるので大変良い。通販でまとめて買うと安い。

水分の吸収を早めるには

水が吸収されるまで、およそ30分かかると言われているが、もっと早く
水分が吸収されるようにすることができる。

それは、『あら塩』なども加えると何も加えていない普通の水より早く吸
収することができるというのだ。

※普通の塩でも良いのだが、あら塩にはミネラルが多く含まれているの
で更に良いかと思われる。もちろん、スポーツドリンクは体液により近い
成分で構成されているので、すばやく体に吸収される。

補給する水の温度は、温かいものよりも冷たいもののほうが
早く吸収される。しかし、余り冷えすぎたものはだめで、10度ぐらいが
良いと言われている。10度から15度ぐらいまでが最も美味しく水を飲
める温度となっているので、美味しく飲めて、しかも早く吸収する事ができる。

※その時の体調などによって、5度ぐらいから常温等に変えるのが良い。

水は一気にゴクゴク飲むよりも、何回も分けてゆっくり飲んだ方が体に
優しい飲み方だ。

喉が渇いたと思ったときには1%の水分不足になっているので、喉が
渇いていなくても取るようにしておこう。また、水分が体に吸収される
まで、時間がかかるので、なるべくこまめに取る方が良い。

運動をする時には通常の生活よりも酸素を多く必要としているので、
酸素水を取ったり、炭酸に含まれている重炭酸イオンが、疲れの原因
に作用して、疲労回復を促すとか超硬水がミネラル補給するなど、ミ
ネラルウォーターの使い分けで飲む事もできるかと。

ご自分の好きな飲み物で水分補給されるのが一番!

ただし、甘いジュースばっかり取ると糖分過剰摂取にもなるので、後
々かえって疲れたりするので、ほどほどに。また、汗をかいた後のア
ルコールが最高!という方も多いかと思われる。喉が渇いているか
ら特に美味しいという時もあるかと思うが、これは体にとっては結構
厳しい状況となっている。

汗をかくために血液から水分を吸い上げてしまい血液濃度が濃くなっ
ている所へアルコールをとると、更に血液濃度をあげてしまうことになる。
これでは体にかなりの負担がかかるので注意しておこう。

注目サイト

家族葬や火葬など葬儀の事ならお葬式コンシェル

石垣島 ファンダイビング

千葉 貸事務所

Last update:2017/6/8